地震がきたらどうするにゃ~?

CAT
02 /23 2011
「こんばんは☆ぼくちん、ひろしくん」「NZで大地震きて、大変だってテレビでみたところだよ。」 
DSC_0126.jpgDSC_0125.jpgそうだね、ひぃちゃん地震がきたらどこに逃げるの?
DSC_0135.jpg「ぼくちんどこに逃げよう・・うろうろ・・ 困ったぞぉ~」

タイムリーな話題ですが、この前日曜日にあんず(現イブちゃん)里親さんと東京都における災害時のペット救護対策について講習会行ってきました。180人位の方が来てて女性が多いのかと思いきや、男性も多かったですし獣医さんらしき方も多かったです。帰りに美味しいイタリアンを食べて帰ってきました。 東京都の環境衛生課担当者や東京獣医師会、日本動物愛護協会の方から3時間程度にわたりお話が聞け、内容はざっと、下記のような感じでした。また3月にも愛護協会主催で?あるようです。
日本動物愛護協会(東京)も東京獣医師会も三宅島噴火災害や新潟中越大地震で対応した経験もあり、ある程度救護体制をとれる用意ができているとのことでした。でもいざ関東で震災があれば東京都の救護担当や獣医師会の方ご自身も被災してる可能性が高いので、対処が遅れることはあり得ます。
日頃から適正飼養(しつけや他の人との交流、大型犬は足を切らない様に靴下履く練習とかもできると尚Good)と迷子札、ホームドクターとのつながりを築いておく事が大事だそうです。避難時に動物病院で預かれるケースもあるので、病院を転々として(獣医ジプシーと呼ぶそう。^^;)頼れる動物病院がないと救護が遅れる場合もあるそうです。 

① 災害時には遅かれ早かれ災害時動物救護本部というのが、獣医師会や愛護協会、日本愛玩動物協会、自治体との連携で設けられるとのことでした。
② 日ごろから人間用と同様に犬猫用の水と餌、薬とトイレシート、新聞紙を3~5日分用意しておくこと(洗濯ネットやビニールも便利)。
③ 家族以外の人にも少しでも慣れるように、またクレートやゲージに慣れさせておき、ワクチン等接種しておくこと。
④ もし動物は他の場所に預ける必要がでた場合のために、その子の写真付きの履歴書(特徴や食事やワクチンと病歴、癖について)ノートを用意しておくこと
⑤ 連絡先入りの首輪とマイクロチップの両方を装着が一番良い(首輪は目視可能しかし取れる可能性有で、マイクロチップは外れない為)
⑥ 飼い主避難時に動物を預ける施設ができれば、動物用の物資も用意され、獣医師も体調のチェックに来てくれたり、飼い主が平常通りの暮らしを取り戻せるまで預け先を確保してくれるそうです。
⑦ 犬猫用のフードは支援物資で入手可能ですがそれ以外の動物のフードは準備が無いことが多いとのこと。

東京都23区では1~2つの区を除くほとんどの区では「防災協定締結済み」で飼い主とペットが一緒に避難所に避難できるという同行避難の協定が結ばれています。
23区以外は4つの市を除いてまだ協定が結ばれていないそうでほとんどが、自治体と獣医師会との話し合いも始まってないそうですが、ただ協定が有る無いに関わらず、いざ避難して、避難所のペット同行の可否決定はその施設の責任者である「校長」や自治会長等になるので、まずはお住まいの町内会等で最寄りの避難場所がペット(種類や大きさについても)と同行避難が可能か、またその場合ペットが苦手な人もいる中でどのように動物を救護するスペースを設けるのかなど話し合う必要があるということでした。同行避難できるかどうか、詳しくは市町村のHPでもある程度掲載されているそうです。

まずは自分の身を守り、自分の家族である動物を守れるのはご家族だけ、新潟の時も特に獣医師会との協定は締結されていなかったが、体育館の掃除道具を置くスペースに動物のスペースがあったり、学校の校庭に動物用のテントができたり、後にとても清潔で冷暖房完備のプレハブ舎ができたそうです。 
問題はそのような動物を救護する施設を作る際に、国民の税金を使う為に、その使途に財源を使って良いというそもそもの「法律」ができていない為、苦労したそうです。人命が第一ではあるが、動物は(’命’ではなく)その人の財産なので財産を守る為に施設をつくろう、という所に自治体や獣医師会などとの落とし所ができたというお話でした。
日本では「動物愛護法」が他の先進国より遅れている為、災害時に動物の命を守るにも、法律の改正が一番の課題でもあるようです。

余談ですが、しばらく日本では狂犬病は発生していないですが今後発生したり海外から入ってきてしまうと、WHOでは70~80%の予防接種率だと狂犬病の流行感染が防げるという計算ですが、日本では飼い犬に狂犬病予防注射と登録は義務化されていながらも、ペットフード工業会の全国調査による犬の飼育頭数から割り出した未登録犬も含めると、国内の犬の予防注射実施率は約41%とWHOガイドラインの70%を下回っていて、鳥インフルエンザのようにもし国内で感染があると一大事という計算です。
自分ちの犬位は大丈夫、という様に飼ってる人も多いのではないでしょうか。また予防注射は犬の登録数を基に作ってるそうで、生産がすぐに出来ない為、急に狂犬病が発生しても多くの未登録分の犬用にはすぐに用意できないということでした。
私は犬を飼ったことがないので寝耳に水のような話でしたが、獣医師会の先生曰く、ご近所さんで飼ってる犬がいたら、登録と狂犬病予防接種について大丈夫か世間話でお話する機会があるといいのでは、ということでした。

DSC_0133.jpg「東京は大丈夫でしょうか~?ぼくちん地震の時どこに住んでるのかにゃ~・・早くおうち欲しい・・」

新潟県中越大震災被災動物救済活動の様子はここhttp://www.jpc.or.jp/cyuetsu.html (日本愛玩動物協会HP)
東京都獣医師会ホームページ→http://www.tvma.or.jp/contents/yakan/(夜間診療当番のページ)
財)日本動物愛護協会HP→http://www.jspca.or.jp/
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

ブログ管理人 toyo

(一級愛玩動物飼養管理士)

■メールフォームこちら■

里親募集中の猫の紹介日誌(東京世田谷区)東京近県で里親様募集。

●●↓↓現在里親さん募集中猫●●

★チンチラMIX姉妹のアナちゃん7才と エルサちゃん8才
プロフィールこちら http://www.photobb.net/bbs.cgi?id=32282

お問い合わせはこちら http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P52937984

★★全盲の白三毛5ヶ月「みいなちゃん」も里親様募集中です❤
詳細➔1月9日の記事 http://sippoz.blog116.fc2.com/blog-date-20170109.html をご覧ください。(個人保護猫ですので問い合わせはこのブログへお願いします)


 ←★保護活動の応援にポチっとおねがいします★
FC2 Blog Rankingに参加してみました。


◎ブログ中で、「動物愛護センターから保護猫」とご紹介しておりますが、”保健所に入っても多くはアルマのようなボランティア会に助けてもらえる?”と誤解されないために・・、運良く助かる猫は一割にも満たない、正に氷山の一角です。飼い主持込みは翌日窒息させての殺処分です。猫と住みたい!という方はボランティア団体、ペットショップ以外にも、最寄の愛護センター(俗に言う保健所)で譲渡している猫へも、是非お問合せください◎

=うちの先住猫たち= 
☆ことちゃん 白三毛♀ アルマ(旧CATNAPにゃみりー)からうちの子に。2011/7月生 トイレ苦手&わがまま娘。
2012-09-11 20.19.09

☆とまりん ♂沖縄のケルビムシェルター出身14才。2006年にうちの子に。(再生不良性貧血&慢性腎不全で2012.10/5永眠)
080501_2044~0001


☆さくらちゃん♀ 飼主死亡で処分持込を保護されCATNAP出身  2005年夏にうちの里子になった。推定20歳位
無題
慢性腎不全で自宅補液5年の闘病がんばりました。2011年1月5日腎不全末期時に心不全で亡くなりました。

☆ひばりちゃん 黒猫♀ 12歳 甲状腺機能亢進症とエイズ発症後亡くなりました。うちの子として旅立ちました。
DSC_0499 (2)


~~~~~~~~~~~~
トライアル中や募集終了の子(愛護センター殺処分から保護された猫達)

■パンダちゃん 5兄弟 2016.9正式譲渡
IMG_3928.jpg

■のんちゃん 上と姉妹 2016.9正式譲渡
20160727_223954.jpg

■はなちゃん 三毛8歳位 2016.5月譲渡 
20160324_4632.jpg

■チョコくん 8カ月♂ 2015.12 譲渡 
IMG_2737.jpg

■ふくちゃん 白黒3歳♂ 2015.12譲渡
IMG_3253.jpg


★ココアくん4カ月♂ 2015.9正式譲渡
IMG_2776_20150630120455c80.jpg

★リュボちゃん キジ柄♀1歳半 2015.10正式譲渡

DSC_1707_2014122223202857b.jpg

★サビ柄ふわりちゃん 2015.7正式譲渡
IMG_2431_2015052923180810d.jpg

★三毛猫まりもちゃん 生後3カ月メス上記と姉妹
IMG_2445_20150529231806149.jpg2015.7正式譲渡
★ノエルくん キジ白♂ 5カ月 2015.2譲渡
IMG_1881_2014122223153289c.jpg


★白猫るりちゃん3歳 センター収容から会で
保護 2014.4譲渡 
IMG_1159.jpg

★ポロンちゃん生後4カ月半キジ白 母猫と3匹兄妹一緒に
センターに収容されてたところ会で保護。2014.1譲渡
2013-12-26 21.42.59

★パル君生後5カ月グレー センター収容を会で保護 
2014.12正式譲渡
IMG_0906.jpg

★くまくん黒4カ月 センター収容猫2013.11月正式譲渡
201309110262_20131105212709fa2.jpg

★トットくんキジ白4カ月2013.11月譲渡 センターより
IMG_0353_2013110521271229a.jpg

★こまちちゃんキジ白4カ月センターより。上記トット君と
ペアで2013.11月正式譲渡
2013-09-03 14.04.23

★じぇろくんキジ白4カ月 2013.10月譲渡 センターより
2013-09-16 22.17.56

★ちゃとらん茶白4カ月 2013.10月正式譲渡 
上記2匹と兄妹
2013-09-11 23.06.24

★仮名:アムロ白猫♂1歳ブルーアイ2013/2月譲渡センターより
2012-10-20 11.14.36

★★グレー&白 仮名)わかさちゃん♀ 4Kg 5歳位 
2011.12埼玉動物ふれあいセンター収容
DSC_1163_20140201153800afb.jpg
'24・8月にゃみりーへ移動後、翌年お星様になりました。

★キジ白仮名:花丸 1歳 近県センターより、ゆめちゃん
と飼い主持込み収容のところ保護。2012.11正式譲渡
2012-08-23 21.01.33

★三毛 仮名あんなちゃん 推定12才位 近県センター
より保護 H24.7月正式譲渡
123_20120729213733.jpg

★白三毛仮名あざみ1歳 24.7月うちの子として正式に
迎えました。H23.9東京都動物愛護相談センター保護 
DSC_0567_20140201153801da6.jpg

★キジトラ 仮名)ゆうき♂生後10カ月 埼玉動物ふれ
あいセンター9月保護 2012.4月トライアル
DSC_1454_201402011538028d9.jpg

☆仮名)ししまる♂ブラックスモーク
&白 甘えん坊で元気。柏市保健所より
1310285321.jpg

☆仮名)りきまる♂ししまると兄弟 
ミルクティー縞 2011.11 ししまると兄弟で正式譲渡 
DSC_0183_20110901142935.jpg

☆仮名))アラレ♀ トーティーシェル
 さいたま市動物愛護ふれあいセンターより保護
 2011.9正式譲渡
DSC_0133_20110901142935.jpg

★仮名レフト君茶トラ都内センターより保護2011.8譲渡 
refuto.png

★三毛猫♀パトラちゃん1歳7カ月位ふれあいセンター出身
 2011.6正式譲渡
o0451060211095005878.jpg


★かんた キジ白♂4カ月位 さいたま市動物愛護ふれあい
センターより引取 2011.2月正式譲渡
PAP_1247_20110216161750.jpg

★ぽんた 黒猫♂5カ月 さいたま市動物愛護ふれあい
センターより引取 2011.2月正式譲渡
PAP_1248_20110216161751.jpg

★ホーク キジトラ♂3歳位 飼主死亡で下記ターボと
センターへ持込まれた。2011.1月譲渡
HI351225_20110216161750.jpg

★白猫ターボ♂4歳センター飼い主持込猫。2011.1月譲渡
PAP_1220_20110216161750.jpg

★卒業した猫をもっと見る★ここクリック